« もっと脳を | トップページ | 7年ぶりにうるう秒実施 »

2005年12月30日 (金)

息子が正体ばらす

映画みたいだ。いやー、スパイとか本当にいるんだーと言うのん気な感想がまず最初に出ました。まあ息子も6歳じゃねぇ。自分の親が大使とスパイだったらかっこいいし自慢しちゃいますよね。でも状況によっては命にかかわるので、もし私がスパイに転職したらパパはやたら出張の多いサラリーマンでママはカルチャースクール通いに精を出すお出かけ好きの主婦と子供にも思わせとくべきでしょうか。ないって。

【YAHOO!NEWS 05/12/30記事】
「ママはスパイ」、元CIA工作員の息子が正体ばらす

|

« もっと脳を | トップページ | 7年ぶりにうるう秒実施 »

コメント

小学生の頃「欽ちゃんって俺の親父だぜ」とか言ってた同級生を思い出しました。
なぜか数名信じていましたが、数日後の父兄参観であっさりバレてました。
だいたい、自分の親なら「欽ちゃん」って呼ばないでしょ・・・

投稿: 村上ファン度 | 2005年12月31日 (土) 15時35分

村上ファン度さんはじめまして、コメントありがとうございます。
あー、子供の頃っていましたよね、自分の親が有名人だと言い張るのが。でも同級生の方は数名とは言え信じてもらえる辺りどこか似てる所があったんでしょうね。走り方とか。

投稿: ふわふわ | 2005年12月31日 (土) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息子が正体ばらす:

« もっと脳を | トップページ | 7年ぶりにうるう秒実施 »