« オトナの知的ダイエット習慣 | トップページ | 現実逃避は食べ放題に限る »

2006年1月26日 (木)

ニートねぇ。

NEETなあ。何にでも口にしやすい名称つけるなぁ。昔なら「プー太郎」とか「脛齧り」とか「穀潰し」だと思うんですが、ニートって自分で名乗りやすいですよね。なんか肩書きみたいだ。別にニートを擁護する気はないんですが、今の社会って別に正社員じゃなくても食っていけるし、食うに困らないならしんどい思いして正社員になって会社に縛られるのはイヤだ、とは思います。組織に属さず自由に儲けているウソみたいな人の話や、逆に会社に尽くして働いて働いてあげく切り捨てられる人の報道なんか見てると、特に。ごく一部の特殊例だと解っていても、会社組織に入るってそういう事なんだと思わせるイメージを作る一因にはなっているのではないかと思います。

ニートサポートナビ の「ニート度チェック」をやってみました。
あなたはニート傾向が若干強いようです。 職業的・社会的自立の第一歩を踏み出すきっかけが欲しい場合は、「若者自立塾の紹介」にて、厚生労働省の施策として行われている全国の各若者自立塾の概要をご紹介しております。』だそうです。うん、そんな気はしてた。

【労働政策研究・研修機構副統括研究員の小杉礼子先生はニートを四つ類型化しています。】
Ⅰヤンキー型
 反社会的で享楽的。「今が楽しければいい」というタイプ
Ⅱひきこもり型
 社会との関係を築けず、こもってしまうタイプ
Ⅲ立ちすくみ型
 就職を前に考え込んでしまい、行き詰ってしまうタイプ
Ⅳつまずき型
 いったんは就職したものの早々に辞め、自信を喪失したタイプ

NEET【ニート】(Not in Employment, Education or Training)
ニートサポートナビ

|

« オトナの知的ダイエット習慣 | トップページ | 現実逃避は食べ放題に限る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4736/510556

この記事へのトラックバック一覧です: ニートねぇ。:

« オトナの知的ダイエット習慣 | トップページ | 現実逃避は食べ放題に限る »