« みんなでマイバッグを持とう | トップページ | カード式玄関錠が「Suica」でカチャ »

2006年7月28日 (金)

鼻から胃カメラいってきたよ。

正直、辛かったっす(;_;)
これから「鼻から胃カメラ」をやる予定の方で、
「そんな嫌な話聞いたら行けなくなるだろ!」という方は読まんといてください。
逆に「先に嫌な話を聞いといたほうが覚悟できる」と言う方や、
お医者さんに「鼻から入れると楽だよー、大丈夫大丈夫」と気楽に言われて逆に「ホントに大丈夫か?」と不安に駆られた方は、
どぞ。痛みに弱い超根性無しの体験記としてお読みくださいませ。

※この記事は
産婦人科に行ってきたよ!その1
産婦人科に行ってきたよ!その2
から続いています。


確かに胃カメラで一番辛いという「のどに当たってえずく」事は無かったです。(無かったと言うか、その感覚はかなり少なかったと言うか)なので多分、普通の口から胃カメラを入れていく方式に慣れている方にとってはかなり楽だと思うんです。でも私は最初っから安定剤を使ったもっと楽な方法でいっちゃったので、辛かったー。

安定剤を入れるとすぐにボーっとして眠くなっちゃうんです。先生によるとやっぱり今回も起きてたらしいんですが、自分的にはカメラを入れる前からもう寝ちゃってるのか記憶が無いので、全く辛さを感じません。

今回の鼻から入れる方式は痛みが軽減される上カメラを入れてる間意識があるので先生と話しながら自分でモニターを見られるというのが利点で、私も自分で見たいと思ったのでお願いしたんです。ですが…


手順としては、まず先生が鼻の穴を軽く見ます。

その後「はいシャワーしますねーちょっと気持ち悪いですよー」と言われて、細いノズルで洗浄液(多分水)をいれます。ええ、気持ち悪いです。鼻の奥からそのままのどに流れてくるし飲んじゃったし。

次に鼻の奥に麻酔のゼリーを入れます。これもまた細いノズルで両鼻に入れますが、ええ、これも気持ち悪いです。やっぱりのどに流れてくるし。思わず飲んじゃってから「先生、飲んじゃいました(T_T)」って言ったら「うん、飲んでも大丈夫ですよ。でも口から出せればもっといいですけど」だそうです。

で、麻酔が効くまで少し時間を置いてからまず細いチューブを挿入します。多分カメラの太さまで徐々に慣らしていくんでしょうね。これがのど元に軽く当たるので、のどが勝手に飲み込もうとヒクヒク動いちゃうんですよ。少ししてから抜いて、今度はもう少し太めのチューブを挿入。この時点でふと不安がよぎります。『やっぱこれより太いよね…大丈夫かな。ひょっとしてすごい細いカメラで、このチューブの中を通って挿れるのかも?ならすごい楽だけど、…まあそれはないな』と思っている内にやっぱりそのチューブも抜かれ、いよいよカメラを挿入です。

最初は『あ、これ大丈夫かも』と思ったんですが、やはり鼻の奥の所が痛いですね。鼻からのどへ曲がる辺り。痛くて「ん゛ー…」とちょっと声が出ちゃうと、「もう入ってるからねー」と先生がおっしゃって、少しずつ入ってきます。「うぅ、思ったより痛い…でも普通の胃カメラはもっと辛いんだし、我慢できない程でもないな・・・」とは思ってガマンしたんですが、カメラがのどをすぎた辺りから急に苦しくなってきました。

鼻から入れる方式は口がきけるのでホントに良かったです。「先生、なんか息苦しいんですけど…」と言うと「もう食道に入ってるからねえ」と言われ、ふとモニターを見るとなるほどそんな感じです。でもモニターを見ちゃうと却って『のどの奥に入ってんだ』という実感が沸いたのか、どんどん息苦しくなってきます。「うー、やっぱ苦しいです」と訴えると「不安感からちょっと息が苦しいだけだね、大丈夫だよ」とおっしゃるんですが、落ち着こうとゆっくり呼吸してもどうにも無理っぽい。それにのどの奥に入ってるので吐き気がします。ひどくこみ上げる気持ち悪いカンジじゃなくて、「ああこの異物をさっさと出したい!」という欲求が激しく沸いてきます。

「先生すみません、やっぱ無理っぽいんで抜いてもらっていいですか?」とお願いしたら、「え、もう食道まで行ってるんだけど・・・」と言いながら、抜いてくれました。あー、やれやれ。ホント根性無しですいません。

その後昨年と同じ様に点滴で安定剤を入れ、ぼやーっとしてる間に終わらせてもらいました。


今回はちょっと緊張したせいか昨年よりも早く目が覚め、たまたまいた看護婦さんが「あら早いですね、他の方はもう少し眠っておられるんですけど」と仰って、もう少し休むようにとベッドに連れて行ってくれました。

1時間ほど休んでから診察室で胃カメラの写真を4点見せてもらい、特に異常は無いとの事でした。胃の底にあるヒダの一部が凹んでるべき部分が膨らんでいるので念のため組織を検査に回すとの事で、1週間後に結果がでますが、それも心配するほどの事じゃないという事です。やれやれ、安心しました。


鼻から入れる方式は口がきけるのでお医者さんはこちらの方がいいんでしょうね。患者の負担が少ないし、モニターを医者と患者の両方で見て話しが出来るし。実際、のどに当たってえずく事は無かったし鼻の痛かったのも激痛という程の痛みではないので、けしてガマンできない程ではないです。今まで胃カメラで激しい吐き気に襲われながら耐えてた人ならなんて事無いと思います。

でも私は無理でした(T_T)まず、鼻の奥に水や麻酔を入れるあのノズルの入ってくる感覚がもうダメだ。それに私の鼻の奥の粘膜はちょっと弱いというか敏感なようなので、…うーん、もう無理。最初に一番楽な方法を知っちゃったし、もう鼻からはいいです。遠慮します。

あ、肝心の「右下腹部の痛み」についてですが、やっぱり腸がウィルス性の原因で一時的に拡張していると思われ、まあよくある事なので心配はいらないのだけど、毎月生理のタイミングで痛むのは婦人科系の原因がなにかあるのだろうから、これからもひどく痛むなら婦人科で相談した方が良いとの事でした。まあ、あまり痛くないのなら気にする事はないとの事でした。

という事で、「ふわふわ鼻から胃カメラを入れるの巻」でした。
ちょっとの痛みにも耐えられないへタレの体験記ですが、何かの参考になれば幸いです。

|

« みんなでマイバッグを持とう | トップページ | カード式玄関錠が「Suica」でカチャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼻から胃カメラいってきたよ。:

« みんなでマイバッグを持とう | トップページ | カード式玄関錠が「Suica」でカチャ »