« 食べた後のスイカの皮の再利用法 | トップページ | ゴキ対策は春から! »

2006年8月 2日 (水)

1万円札を一けた多く渡してしまう

「一円計算が合わなくても原因が判明するまで帰れない」と言う銀行業務で、これは受付のお姉さん血の気が引いた事でしょう。誰でもうっかりミスはありますが、やらかしちゃいましたね。

【YAHOO!京都ニュース 2006/8/2記事】
滋賀銀、1500万円戻った 京都地裁判決で「両替ミス」認められ

|

« 食べた後のスイカの皮の再利用法 | トップページ | ゴキ対策は春から! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1万円札を一けた多く渡してしまう:

« 食べた後のスイカの皮の再利用法 | トップページ | ゴキ対策は春から! »