« 秋葉原でコスプレ打ち水 | トップページ | 失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条 »

2006年8月21日 (月)

飛行機でペットと旅行へ行かれる方へ

まだまだ暑い日が続きます。夏場にペットを連れて飛行機で旅行に行かれる方はお出かけの前にご一読いただきたいと思います。

何度かご紹介した「コーギーBLOG」さんの投稿記事で知ったのですが、JALの行なっている「ペットとおでかけサービス」を利用中にペットを亡くされる事故が起きているようです。

詳細は「コーギーBLOG」さんと「ビスコの日記」さんのブログでお読みいただきたいのですが、飛行中の機内の貨物室が一時的に(JALから14,5分と報告があったようですが)室温が上がり、仔犬が熱中症になって亡くなったということです。

私はペットを飼っていないので、飛行機の機内にペットを連れて行けないことも貨物室が十数分とはいえそれほど室温が上昇する事も知りませんでした。いや、知らない人の方が多いと思います。航空関係にお勤めの方ならば常識なのかもしれませんが、生体を預かるサービスを行なう者としてあまりに配慮が足らないのではないでしょうか。ペットを預ける方は何もペットホテルのような待遇を期待しているのではなく、ただ搭乗前と同じ健康状態で運んでもらえるものと信じて預けているはずです。一時的とはいえ、熱中症を起こす可能性のある環境に置かれるとサービス申込時に説明があれば、連れて行くのを諦めて知り合いやペットホテルに預ける、或いは水や冷却シートをケージに多めに入れておくなどの手段を選べたはずです。こんな事でペットの生命を奪われるのはあまりに理不尽ですし、それはサービス提供側にしても本意ではないでしょう。

これからペットを連れて飛行機に乗られる方は、一度「ビスコの日記」さん「コーギーBLOG」さんの記事をお読み頂き、飛行中にペットが置かれる環境について詳しく確認し、必要であれば対策を取ってから連れて行ってあげてください。「ビスコの日記」さんの記事の感情を抑えた冷静な文章を読むと飼主さんの苦しみがこちらの胸に突き刺さるようで、辛くて涙が止まりませんでした。

ビスコの日記

コーギーBLOG
2006年08月18日 旅行の季節ですが

【JAL ペットとおでかけサービス】
http://www.jal.co.jp/dom/service/pet/

【JAL 貨物扱いのペット輸送についてのご案内】
http://www.jal.co.jp/jalcargo/dom/pet/
<夏季期間中のペット輸送について>
ペット輸送時の環境保全につきましては常に万全を期しておりますが、夏季期間中(7月半ば頃から9月半ば頃まで)は、高温・多湿によりお預かりしたペットが衰弱することがありますので、ペットの輸送をなるべくお控えくださいますよう、お客様のご理解とご協力をお願い致します。 当該期間中に輸送をご希望される場合は、比較的涼しい時間帯の便をご利用下さい。 また輸送前に充分な水を与えるようお願い致します。 目的地まで複数便をご利用の場合、お引受けからお引渡しまでの時間が長くなりますので特にご注意下さい。またフレンチブルドッグ、ミニチュアダックス等の足の短い犬種につきましては、地表温度が胴体に直接伝わりやすく、衰弱事例が多く報告されておりますので特にご留意ください。

|

« 秋葉原でコスプレ打ち水 | トップページ | 失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機でペットと旅行へ行かれる方へ:

» ペットOKのホテル・レストランを全部チェック [インターネット情報バンク]
ペットを飼っている人にとっては、ペットは家族も同然。当然、連れて行けるレストランやカフェが少ないのが悩みです。今までは、ペットが入店できる店の情報は、ほとんど口コミでした。でも、インターネットの時代になって、便利なサイトが登場しました。ペット大好き!この...... [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 22時15分

« 秋葉原でコスプレ打ち水 | トップページ | 失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条 »