« 1万円札を一けた多く渡してしまう | トップページ | 花はいいねえ。 »

2006年8月 2日 (水)

ゴキ対策は春から!

夏到来ですね。夜もだんだん気温が上がり、ついにやってきました。ゴキのシーズンが。

ダメなんですよ~~~(T T)家は二人ともゴキはダメなんです。特に相方は子供の頃のトラウマもあって、ゴキと戦うのは私の役目になってるんですが、私も姿を見ただけで泣きそうになるんですよーーー。しかも家が新築の一戸立住宅ならバルサンで全滅を狙えるかもしれませんが、私たちが住んでるのは築数十年の集合住宅。天井裏に壁の中に、そこらじゅうに潜んでいるとしか思えません。

ですが、家が古いからと言って諦めるわけにはいきません。何も家が一番汚い部屋ってわけじゃなし(多分)、本気でゴキブリ対策をすれば全滅は無理でもかなりご対面頻度は下げられるはず!!

と思って、3年くらい前からやっている方法があります。たまたまかもしれませんが、だんだん出くわす回数は減ったように思いますよ。今年はまだちっちゃいの1匹しか見てないし。めっさ長文ではありますが、アナタのお家のゴキブリ対策の参考になれば幸いです。


私が注意しているのは次の5点です。
1.出入口をふさぐ
2.匂いの出るもの・水溜りのできるものは置かない
3.洗面所に落ちている髪の毛はまめに掃除する
4.ヤツらは冬も生きている
5.殺虫剤は常備する


1.出入口をふさぐ
未だに存在理由がわからないのですが、家の住宅では台所のシンクの壁と接触している所と風呂場の出口の所にステンレスのカバーが付いています。長いことそれは四角い突起だと思い込んでいたのですが、ある時偶然見てしまいました。ゴキがそのカバーの下に入って行く所を。「ええ!!?」と驚いて覗き込むと、突起の下にあるべき底面が無く、壁の内側とつながっていたようなんです。そこからゴキは出入していたんですね。そりゃシンクで良く見かけた訳だ…。という事で、翌日100円ショップでアルミテープを買ってきてカバーの下をふさぎました。お風呂場の方はちょっと大きいのでテープではふさぎきれそうに無く、まだ放置中ですが、こちらはそれほど見かけないのでそのうち何とかふさぐ予定です。

2.匂いの出るもの・水溜りのできるものは置かない
思うんですが、ヤツらは部屋に侵入してから生ゴミなどのエサを漁るのではなく、もっと遠くからエサの匂いを察知して向かってきているのではないでしょうか?家で最も出現率が高かったのはシンクの中の生ゴミ受け(三角コーナー)と、シンクに渡すように置く水切りかごの下でした。生ゴミ受けって網状になってていかにも水キレが良さそうですが、実はシンクにそのまま置いておくと底に水が溜まりっぱなしになるんですね。そこから発生する匂いとその隙間がヤツらを呼ぶのでしょう。

なので、家では洗い物の後は三角コーナーを大きい洗濯ばさみで蛇口にぶら下げて、シンクに直接置かないようにし、水切りカゴは100円ショップで買ったワイヤー製の鍋敷きに乗せてかごの下がせまい隙間にならないようにしています。洗濯ばさみは物干し竿にシーツを留めるような丸い大き目のもので、三角コーナーの角と蛇口をまとめて挟んでぶら下げます。翌朝には生ゴミの水分がほとんど落ちて匂いません♪生ゴミは匂う物だと思ってましたが、水分をきちんときればそんなに厄介でもないんですね。あと、魚などの匂いの強いものは1時間ほどぶら下げて水を切ってからビニール袋にキッチンペーパーと入れてすぐに捨てます。

それに加え、洗う前の下準備もしています。準備って程面倒な事ではないんですが、家では生ゴミ用に紙パックをためていますので、その中に水分を吸うためのキッチンペーパーを1枚入れておき、お皿についた油汚れやソースの残り・食べ残しなど、匂いの元になりやすいものを捨てて、キッチンペーパーでざっと拭きます。(もちろんそのペーパーも紙パックに突っ込んどきます)こうしておくと三角コーナーが油で汚れないので匂わないし、シンクの排水口もずいぶんキレイになりましたよ。紙パックが無い時はスーパーで野菜などを入れるビニール袋を使います。紙パックが一杯になったら、水分が出ないようにペーパーを1枚押し込み、ガムテープで閉じて捨てています。

3.洗面所に落ちている髪の毛はまめに掃除する
お風呂横の洗面所にゴキブリワイパアワン 4.5g×1コを置いているのですが、ヤツらは髪の毛やフケなども食べるそうなので、落ちてたらせっかく置いてる殺虫剤を食べさせる機会が減るかも知れないじゃないですか。出来る限り集中的に殺虫剤を食べて頂かないとね。

4.ヤツらは冬も生きている
これが記事タイトルの「ゴキ対策は春から!」につながるのですが、ほとんどの人はゴキを見かけてから殺虫剤を置いたり撒いたりしていると思うんですが、それじゃきっとダメだ!多分ヤツらは夏以外もあちこち探検してエサや水がありそうな所の目星を付けておいて、夏になると大々的に行動開始するんです。だから、夏以外も生ゴミを置きっ放しにして腐らせたりすると目をつけられちゃうんじゃないでしょうか。なので、家では5月頃から気合を入れて生ゴミ処理をしています。

5.殺虫剤は常備する
どう頑張ってもひと夏に1匹2匹は出ます。その時にうろたえなくてすむよう、備えは欠かしません。家ではゴキブリワイパアワン ワイパア ゴキパオを常備しています。この「ゴキパオ」が超スグレもの!!スプレーすると泡が出てきてゴキブリを包み込み、姿を見えなくしてくれます。その泡はしばらく置くと固まるのでそのまま捨てるのも簡単で殺虫スプレーのように匂いが残る事もありません。ヤツらは素早いので狙うのは大変だと思われそうですが、実はこの泡が結構冷たくて、ヤツらは少しでも触れたとたん動きが鈍くなります。そうなったら、すっかり隠れてしまうまで思う存分スプレーして包んでしまいましょう!…でも、ひっくり返してみない方がいいと思います。ヤツのお腹の下までは完全に回りこんで無い時もあるからね。


他にも有効な手段が無いか探してみたところ、興味深いレポートを発見。ご本人が中学の時の研究らしいですが、それにしてもチャレンジャーな…読んだ所、飼育などのフィールドワークは無いようですが…(お母さんが半狂乱で捨てるね)
3年M組5番 えとう33 ゴキブリの世界ふしぎ発見!

それから小林製薬の情報もやはりチェックしておくべきでしょう。
小林製薬 暮らしのヒントお知らせ隊
増えだす季節ゴキブリ対策!ゴキブリを寄せ付けない裏技


【置いておくタイプ】
ゴキブリワイパアワン 4.5g×1コ
メーカー希望価格 735円 (税込)
販売価格 570円 (税込 598 円) 送料別

【スプレーするとゴキを包んでくれるタイプ】
ワイパア ゴキパオ 徳用 240g
●ゴキブリをスッポリと包み固める画期的駆除法!
●ゴキブリの姿が見えなくなるので、不快は後始末も気軽に簡単!
メーカー希望価格 1,260円 (税込)
販売価格 1,100円 (税込 1,155 円) 送料別

販売店:
【楽天】小林製薬グループ 爽快ドラッグ
★税抜3000円以上で送料無料★【全品ポイント2倍中】


ものすごい長文になってしまいました。最後までお読みくださってありがとうございます。自分でもゴキ対策にこんなに燃えてたと気付いてびっくりです。何か一つでも参考になれば、幸いです。

|

« 1万円札を一けた多く渡してしまう | トップページ | 花はいいねえ。 »

コメント

あぁ~
いやな事を思い出しましたよぉ。
いつも思うんですが、何でゴキブリって目線を感じさせるんでしょうか!?ゴキの視線感じませんか?

投稿: 森下 | 2006年8月 2日 (水) 18時39分

森下さん初めまして、コメントありがとうございます。
目線感じますよねぇ~。
あと、視界の外にいてもなんとなく感じてしまうあの気配というか存在感というか、あれなんなんでしょうか!?怖いっつーの!

そうそう、小林製薬 暮らしのヒントお知らせ隊によると、『不幸にしてゴキブリに出会ったら、人間の瞳の反射に反応して向かってくるそうですから、目をあわさないようにする方がいいようです。』だそうです。恐ろしい話です。

また遊びに来てくださいね。

投稿: ふわふわ | 2006年8月 2日 (水) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴキ対策は春から!:

« 1万円札を一けた多く渡してしまう | トップページ | 花はいいねえ。 »